×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

工事概要

横浜市では、交通利便性の確保を図るとともに、首都圏の業務核都市の形成と市域のバランスある発展を支えるため、放射環状型の鉄道ネットワークの形成を目指し、横浜環状鉄道を整備していく計画としています。横浜環状鉄道中山〜日吉間(市営地下鉄4号線)は、その一部区間として整備するものであり、次の役割が期待されています。

 

     沿線地域から、市営地下鉄3号線、JR横浜線、東京急行東横線、東京急行田園都市線、JR東海道新幹線へのアクセス時間が大幅に短縮されます。

     港北ニュータウンと既成市街地との交通利便性が改善され、港北ニュータウンセンター地区の発展に寄与します。

     日吉駅、綱島駅付近の慢性的な交通渋滞により、定時性が確保できない通勤・通学の交通の便が解消されます。

 

この度、佐藤・村本・京浜建設共同企業体は、その横浜環状鉄道中山〜日吉間のうち、センター北駅から日吉側へ1つ目の北山田駅工区の工事を施工いたしております。

北山田駅工区は、工区延長120mの区間で、4層3径間のシールド立坑(13m×2箇所)、4層3径間の駅部(94m)、出入口2箇所、換気塔及び避難通路を開削工法により構築するものです。

@工事名 高速鉄道4号線北山田駅出入口等整備工事

A工事場所 横浜市都筑区北山田一丁目11番1地先 〜 6番2地先

B発注者 横浜市交通局

C施工者 佐藤・村本・京浜建設共同企業体

D工期 平成17年8月1日 〜 平成19年8月30日

E主要工事数量

1)掘削 3,827m3          2)防水 4,863m2

3)鉄筋 648t            4)コンクリート 3,396m3

5)埋戻し 10,455m3        6)支保工撤去 323t

7)路面覆工撤去 2,926m2       8)仮復旧工 1式

 

現場平面図

 

現場縦断図